韓国 竹島の映像リアルタイム配信開始へ 外務省 中止を求める

島根県の竹島の領有権を主張している韓国政府は、6日から島の映像をリアルタイムで配信すると発表しました。日本政府は、竹島は、歴史的事実に照らしても、国際法上も明らかに、わが国固有の領土であるとしています。

これは、韓国の海洋水産省が5日に発表しました。

それによりますと、韓国が「トクト(独島)」と呼んで領有権を主張している、島根県の竹島の映像を6日からホームページ上にリアルタイムで配信するということです。

島の多様な姿を紹介し、国民がいつでもどこでも映像を見られるようにすることで、島への関心が高まることが期待されるほか、事前に現地の天候などを把握できるようにすることで、訪問の際の利便性の向上につなげたいとしています。

竹島について、日本政府は歴史的事実に照らしても国際法上も明らかに、わが国固有の領土であるとしています。

外務省「極めて遺憾」 事業中止を求める

外務省の船越アジア大洋州局長は、5日午後、東京にある韓国大使館のキム・ヨンギル次席公使に電話し「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上も、明らかに日本固有の領土であることに鑑み、今回の韓国の対応は到底受け入れることはできず、極めて遺憾だ」と強く抗議したうえで、事業を中止するよう求めました。

また、同様の抗議を、ソウルの日本大使館から韓国外務省に対して行いました。