名古屋 河村市長 金メダルかんだ行為を陳謝 “不適切で猛省”

名古屋市の河村市長が、東京オリンピックで活躍したソフトボール選手から金メダル獲得の報告を受けた際、披露されたメダルをマスクを外してかんだことについて、河村市長は「名古屋市長としての立場をわきまえない極めて不適切な行為で猛省すべきと痛感している」と述べ、陳謝しました。

名古屋市の河村市長は4日、ソフトボール日本代表チームのメンバーで、名古屋市出身の後藤希友投手から金メダル獲得の報告を受け、後藤投手からメダルを首にかけてもらった際、突然、マスクを外してメダルをかみました。

名古屋市によりますと、これを受け、市の広聴課には、河村市長の行為を批判する電話やメールなどが5日午後5時半までに4000件余り寄せられているということです。

さらに、市によりますと、5日午前、後藤投手の所属先のトヨタ自動車から豊田章男社長の名前で、河村市長宛ての抗議文が提出されたということです。

これに対し、名古屋市の副市長らが5日昼すぎ、トヨタ自動車の本社を訪れ、謝罪文を提出したということです。

河村市長は、本社の近くまで同行したものの、事前に約束がない中で訪問すれば相手に迷惑がかかる可能性があるなどとして、本社には入りませんでした。

このあと河村市長は、市役所で記者団の取材に応じ「金メダルは憧れで、愛情表現のつもりだったが、長年の努力の結晶である金メダルを汚す行為に及んだことは、名古屋市長としての立場をわきまえない極めて不適切な行為で猛省すべきと痛感している。本人や関係者に心からおわび申し上げる」と陳謝しました。

また、記者団から、今回の行為がセクハラやパワハラにあたるとの認識はなかったのかと質問されると「ハラスメント、いわゆる嫌がらせの認識は全くなかったが、配慮すべきだったと思っている」と述べました。

さらに、河村市長は5日昼すぎ、JOC=日本オリンピック委員会の山下泰裕会長にも、電話で謝罪したことを明らかにしました。