局地的に40度に迫る危険な暑さに 熱中症に厳重警戒を

4日は、山梨県で39.7度に達するなど各地で猛烈な暑さとなりましたが、5日も西日本や東日本では気温が上がり、局地的には40度に迫るような危険な暑さになる見込みです。熱中症に厳重な警戒が必要です。

気象庁によりますと、4日は山梨県甲州市勝沼で39.7度と40度に迫る暑さとなり、5日も北日本から西日本の広い範囲で猛烈な暑さが予想されています。

日中の最高気温は、
▽大分県日田市で39度、
▽熊本市や大阪市、甲府市で38度と、
危険な暑さが予想されているほか、
▽岡山市や岐阜市、福島県会津若松市で37度、
▽名古屋市やさいたま市、山形市で36度、
▽東京の都心や北海道の帯広市で35度となる見込みです。

熱中症の危険性が高まると予想されることから、東北から九州にかけての39の都府県に「熱中症警戒アラート」が発表されています。熱中症に厳重な警戒をし、対策をとってください。

外出はなるべく避け、こまめに水分や塩分を補給するほか、屋内では室温が28度以上にならないよう適切に冷房を使用し、屋外では人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩することなども重要です。

沖縄南海上の熱帯低気圧 台風に発達する見通し

一方、沖縄の南の海上には熱帯低気圧があって、24時間以内に台風に発達する見通しです。

6日にかけて沖縄や奄美に接近したあと、3連休に入る7日から8日にかけて西日本から東日本に近づくおそれがあります。

沖縄地方では、6日にかけて非常に激しい雨が降るほか、しだいに風が強まり、波も高くなる見込みです。

まだ予報円は大きく、進路に幅があるため、気象庁は最新の情報に注意するよう呼びかけています。