河井元法相夫妻買収事件 検察押収の資料返還 自民の説明焦点に

おととしの参議院選挙をめぐる河井克行元法務大臣と妻の案里元議員による大規模な買収事件で、検察が押収した資料が元大臣側に返還されたことが関係者への取材で分かりました。
選挙前に自民党本部から案里元議員側に振り込まれた1億5000万円に関係する書類も含まれていて、この資金が買収の原資になっていなかったかどうか自民党側の説明が今後の焦点になります。

元法務大臣の河井克行被告(58)と妻の案里元議員(47)は、おととしの参議院選挙をめぐって買収の罪に問われ、案里元議員は有罪判決が確定し、河井元大臣は懲役3年の実刑判決を受けたあと控訴しています。

この事件で、検察が2人の自宅や事務所などから押収した資料が、4日までに河井元大臣側に返還されたことが関係者への取材で分かりました。

この事件では、選挙前に自民党本部から案里元議員側に振り込まれた1億5000万円が買収の原資になっていなかったか国会でも説明を求める声が上がりましたが、返還された資料にはこの資金に関する書類も含まれているということです。

1億5000万円について、河井元大臣は裁判で「買収には1円も使っていない」と説明していました。

菅総理大臣は、ことし6月の記者会見で「関係書類が返還されしだい、監査を行いチェックする」と述べていて、今後は、この資金が買収の原資になっていなかったかどうか、返還された資料をもとにした自民党側の説明が焦点になります。

自民党 反応

自民党はこれまで、関係書類が返還されれば、内容を詳しくチェックすると繰り返し説明しています。