あすも危険な暑さ 大分日田39度の予想最高気温 熱中症厳重警戒

4日は、山梨県で39.7度に達するなど各地で猛烈な暑さとなりました。5日も西日本や東日本では最高気温が39度や38度と危険な暑さとなるところもある見込みで、熱中症に厳重な警戒が必要です。
また、北日本や関東甲信では大気の状態が不安定になっていて、土砂災害や低い土地の浸水に警戒が必要です。

気象庁によりますと、4日も日本列島は高気圧に覆われて晴れ、全国的に気温が高くなりました。

日中の最高気温は、
▽山梨県甲州市勝沼で39.7度と、全国でことしいちばんの暑さとなったほか、
▽福島市で38.4度、
▽鳥取市で37.5度、
▽岐阜県多治見市で37.4度、
▽長野県上田市で37.3度、
▽京都市で36.6度、
▽北海道帯広市で35.3度など北海道から九州の各地で猛暑日となりました。

全国920の観測点のうち、猛暑日となったのはことし最も多い185地点に達しました。

5日も危険な暑さ 熱中症厳重警戒

5日も北日本から西日本の広い範囲で猛烈な暑さが予想され、最高気温は、
▽大分県日田市で39度、
▽熊本市、福岡県久留米市、甲府市で38度と危険な暑さが予想されているほか、
▽大阪市、京都市、岐阜市で37度、
▽さいたま市、福島市、北海道帯広市で36度、
▽東京の都心や盛岡市で35度となる見込みです。

熱中症の危険性が高まると予想されることから、東北から九州にかけてのほとんどの都県で、気象庁と環境省が「熱中症警戒アラート」を発表しています。

熱中症に厳重な警戒をし、対策をとってください。

屋内では夜間も含めて適切に冷房を使用するほか、のどの渇きを感じる前の定期的な水分補給などが重要です。

特に、高齢者は本人が気付かないうちに症状が悪化することがあります。

周囲の人が冷房や扇風機を使うよう、声をかけるようにしてください。

大気不安定 北日本では猛烈な雨も

また、湿った空気が流れ込んでいる北日本や関東甲信を中心に大気の状態が不安定になっていて、局地的に雨雲が発達しています。

北海道の京極町付近では、レーダーによる解析で午後2時10分までの1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

午後5時までの1時間には、国土交通省が岩手県遠野市に設置した雨量計で51ミリの非常に激しい雨を観測しました。

北日本や関東甲信では4日夜遅くにかけて、激しい雨や、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するよう呼びかけています。

落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意してください。