「白ナンバー」の車使う事業者にも飲酒検査義務づけへ 警察庁

千葉県八街市で小学生の列に飲酒運転のトラックが突っ込み、児童5人が死傷した事故を受けて、警察庁は自家用の「白ナンバー」の車を使う事業者についても、一定の台数があればアルコール検知器による飲酒検査を義務づける方針を固めました。

ことし6月千葉県八街市で小学生の列にトラックが突っ込み児童5人が死傷した事故では、運転手が酒を飲んで運転していたことが分かっています。

事故を起こしたトラックは自家用の「白ナンバー」で、現在の法律では事業者がドライバーを指導する「安全運転管理者」を置き、飲酒や体調の確認をすることになっていますが、具体的な方法については事業者任せになっています。

一方、荷物などを有料で運ぶ「緑ナンバー」の場合は運転手は業務の前後にアルコール検知器による検査が義務づけられています。

警察庁は「白ナンバー」についても事業者が一定の台数を使っていれば「緑ナンバー」と同様に検知器による検査を義務づけ安全対策を強化する方針を固めました。

今後、道路交通法の規則の改正を進めることにしています。