「友よ 歴史だ」五輪 男子走り高跳びで同記録の2人に金メダル

金メダルに輝くのは1人だけ?そんなことはないんです。2人の選手が同時に金メダルを獲得する珍事が、東京オリンピックで起きました。
大会10日目の1日、陸上の男子走り高跳び決勝での出来事でした。

カタールの30歳、ムタ エッサ・バーシム選手とイタリアの29歳、ジャンマルコ・タンベリ選手はともに試技を1回も失敗することなく、2メートル37センチまで跳んで1位で並びました。

オリンピック記録に並ぶ次の2メートル39センチは2人とも3回の試技を失敗し、勝負は「ジャンプオフ」と呼ばれる追加試技にもつれ込むと見られましたが、「ジャンプオフをやりますか」という審判員の問いかけに対し、バーシム選手が「金メダルは2つもらえるの?」と尋ねました。

「可能です」という審判員の答えを受けて2人はうなずき合い、バーシム選手が「友よ、歴史だ。オリンピックチャンピオンだ」と語りかけ、互いの金メダルを認めました。

走り高跳びの競技規則には、選手どうしが試技をこれ以上しないと決めた場合などは、複数の選手が1位で並ぶと定められています。

金メダルが決まった瞬間、タンベリ選手は叫び声を上げてバーシム選手に抱きつき、跳びはねたり転げ回ったりして喜びを爆発させました。

タンベリ選手は前回のリオデジャネイロ大会は足首のけがで欠場し、そのとき着けたギプスに「ROAD TO TOKYO(=東京への道)」と書き込んで東京大会を目指してきました。

一方、2大会前は銅メダル、前回大会は銀メダルだったバーシム選手は、悲願の金メダル獲得に観客席のチーム関係者と抱き合い、サングラスを外して涙を拭っていました。

互いに高め合ってきた2人は競技を離れると親しい友人だということで、バーシム選手は試合後のインタビューで「勝ったほうが相手に食事をおごる予定だったけれど、どうやら割り勘だね」と笑いながら答えていました。