金融大手 4~6月決算 最終利益が前年同期の2倍余に増加

大手金融グループのことし4月から6月までの決算は、最終的な利益が前の年の同じ時期のいずれも2倍余りに増加しました。新型コロナウイルスの影響を受けた企業への融資残高は高い水準が続いていますが、焦げ付きに備えた費用が大きく減少したためです。

このうち、三菱UFJフィナンシャル・グループが2日発表した4月から6月までの決算は、最終的な利益が3830億円と、去年の同じ時期のおよそ2倍に増えました。

新型コロナウイルスの影響を受けた企業への融資残高は高い水準が続いていますが、想定していたより倒産などが少なかったことから「与信関係費用」と呼ばれる融資の焦げ付きに備えた費用が大幅に減少しました。

ほかの大手金融グループも与信関係費用が減少し、みずほフィナンシャルグループの最終的な利益がおよそ2倍の2505億円、三井住友フィナンシャルグループはおよそ2.3倍の2032億円となりました。また、りそなホールディングスはおよそ1.5倍の342億円でした。

一方、先行きについては、各社とも緊急事態宣言の対象地域が2日から広がるなど感染が急拡大していることから、慎重にみていて、当初の業績の見通しは据え置いています。