栃木県「まん延防止等重点措置」指定を要請 感染急拡大で

新型コロナウイルスの感染の急拡大を受けて、栃木県は「まん延防止等重点措置」の対象地域に指定するよう2日、政府に要請しました。

栃木県内では7月31日、過去最多の170人が新型コロナウイルスに感染していることが確認され、新たに感染が確認された人の数が5日連続で100人を超えるなど感染が急拡大しています。

これを受けて栃木県は1日、対策本部会議を開き、「まん延防止等重点措置」の対象地域に指定するよう政府に要請することを決め、2日、文書で要請を行いました。

また栃木県は、宇都宮市など7つの市の飲食店に対し、2日から営業時間を午後8時までに短縮するよう要請していましたが、4日から対象を県内全域に拡大することにしています。