オリンピック卓球 水谷 ひぼう中傷に「許してはいけない」

東京オリンピックに出場している卓球の水谷隼選手は、自身がインターネット上でひぼう中傷を受けたことについて、「許してはいけないし、しっかりと対処しなければいけない」と述べ、何らかの対応をとっていく考えを示しました。

東京オリンピックでは、国内外の出場選手たちがインターネット上でひぼう中傷の被害を受けるケースが相次いでいます。

卓球の混合ダブルスで日本卓球界初の金メダルを獲得した水谷選手も自身のSNSでひぼう中傷を受けたことを明らかにしています。

水谷選手は先月31日にツイッターで、自身に送られてきたひぼう中傷のコメントを動画で公開し、悪質なひぼう中傷は画像を保存しているとして、「関係各所に連絡を行い、しかるべき措置を取ります」と投稿しました。

水谷選手は2日に行われた男子団体1回戦の後、この問題について聞かれ、「自分が放っておいてしまうと結局、次のターゲットに移ってしまうので、しっかり対処しなければいけない。自分は年齢も上だし、経験もあるので、できるだけ先頭に立ってアスリートだけではなく、いろいろな人へのひぼう中傷はなくなってほしいと思う」と述べ、ひぼう中傷に対して何らかの対応をとっていく考えを示しました。

選手たちへのひぼう中傷を巡ってはIOC=国際オリンピック委員会が24時間態勢の相談窓口を設けてカウンセリングを行う取り組みを進めています。