オリンピック テニス男子 ドイツのズベレフが金メダル

東京オリンピック、テニスの男子シングルス決勝は、世界ランキング5位でドイツのアレクサンダー・ズベレフ選手が、世界25位でロシアオリンピック委員会のカレン・ハチャノフ選手にストレートで勝って、金メダルを獲得しました。

東京オリンピック大会10日目の1日、テニスの男子シングルスの決勝が行われ、準決勝で世界王者でセルビアのノバク・ジョコビッチ選手を破った世界5位でドイツのズベレフ選手が、世界25位でロシアオリンピック委員会のハチャノフ選手と対戦しました。

ズベレフ選手は強烈なサーブで主導権を握ると、ライン際を突く鋭いストロークやネットプレーなどでポイントを重ねて2回のブレークに成功し、第1セットを6-3で取ります。

第2セットでも立ち上がりから5ゲームを連取して相手を圧倒したズベレフ選手がこのセットを6-1で取り、セットカウント2対0のストレートで勝ちました。

ズベレフ選手は男子シングルスではドイツ勢初めてとなる金メダルを獲得しました。

敗れたハチャノフ選手が銀メダルを獲得したほか、世界11位でスペインのパブロ・カレーニョブスタ選手が銅メダルを獲得しました。

また、テニスの女子ダブルスは金メダルをチェコのバルボラ・クレイチコバ選手とカテリナ・シニアコバ選手のペア、銀メダルをスイスのベリンダ・ベンチッチ選手とビクトリア・ゴルビッチ選手のペア、銅メダルをブラジルのラウラ・ピゴシ選手とルイザ・ステファニ選手のペアが、それぞれ獲得しました。

混合ダブルスは金メダルをロシアオリンピック委員会のアナスターシャ・パブリウチェンコワ選手とアンドレイ・ルブレフ選手のペアが、銀メダルをロシアオリンピック委員会のエレーナ・ベスニーナ選手とアスラーン・カラツェフ選手のペアが、銅メダルをオーストラリアのアシュリー・バーティ選手とジョン・ピアーズ選手のペアがそれぞれ獲得しました。

“しばらくこの喜びに浸りたい”

金メダルを獲得したドイツのアレクサンダー・ズベレフ選手は「これ以上にないほどうれしく思うし、しばらくこの喜びに浸っていたい。オリンピックの金メダルはテニスのほかのツアー大会の優勝とは比較できない、とても価値のあるものだ。世界中の人たちがテレビの前で試合を楽しみ、幸福な時間を共有することができたので、オリンピックを開催できたことはよかったと思う」と話していました。

また男子シングルスでドイツ選手初の金メダル獲得となったことについて「テニスは個人戦ではあるが、これまで多くのドイツ国民が私をサポートしてくれたし、選手村でもたくさんの仲間が応援してくれた。これは僕のためだけではなく、ドイツのみんなのための金メダルだ」と話していました。