オリンピック 日本に敗れたサッカーNZ代表のメッセージ話題に

31日行われた東京オリンピック、サッカー男子の準々決勝で日本と対戦して敗れたニュージーランド代表が試合後、ロッカールームに激励のメッセージを残しました。「日本代表の幸運を祈っています。頑張れ!」などと書かれていて、日本の選手たちの間で話題になっています。

31日、茨城県鹿嶋市のカシマスタジアムで行われたサッカー男子の準々決勝では、日本がペナルティーキック戦の末、ニュージーランドに競り勝って2大会ぶりに準決勝に進みました。

この試合のあと、ニュージーランドのロッカールームに残されたメッセージについて、日本のディフェンダー、中山雄太選手が自身のインスタグラムに写真付きで投稿しました。

それによりますと、ホワイトボードに英語と日本語で「ありがとう鹿島。東京2020。素晴らしい時間を過ごせました。日本代表の幸運を祈っています。頑張れ!」と書かれていて、日本への感謝と代表チームへの健闘を願った内容になっています。

これについて、中山選手はインスタグラムの中で「サッカー選手である前に人として尊敬する。彼らの情熱の分までベストを尽くす。人のつながりって本当にいいなと思った」とコメントしています。