男子高校生が校舎屋上から飛び降り死亡 制止の男性も転落 大阪

31日午後、大阪 交野市の高校で3年生の男子生徒が校舎の屋上から飛び降りて死亡し、止めようとした工事関係者も一緒に転落して大けがをしました。学校によりますと、男子生徒は直前まで同じ部活動の生徒、数人とともに教員から生活面の指導を受けていたということです。

警察によりますと、31日午後1時45分ごろ、大阪 交野市の「関西創価高校」で「生徒が屋上から飛び降りるかもしれない」と教員から通報がありました。

校舎の屋上にいたのはこの高校に通う17歳の男子生徒で、教員や、校舎の外壁工事のために足場を組んでいた50代の男性が説得にあたりましたが、通報からおよそ40分後、生徒は高さおよそ12メートルの屋上から飛び降りました。生徒は病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。

また、生徒を止めようとした足場工事の男性も一緒に転落し、大けがをしたということです。

学校によりますと、この男子生徒は3年生で、直前まで同じ部活動の生徒、数人とともに教員から生活面の指導を受けていたところ、突然、教室を飛び出したということです。警察が詳しいいきさつを調べています。

関西創価高校の大月昇副校長は「大切な生徒の命を失ってしまい責任を感じている。指導にあたった教員などに話を聞いて詳しい状況を把握したい」と話していました。

“遠慮せずに相談を”

厚生労働省は「1人で悩みを抱え込まず、『こんなことを相談していいのか』と迷うようなことでも遠慮せずに支援機関や自治体などに相談してほしい」と呼びかけています。電話やメール、SNSなどで相談できる各地の相談窓口を、インターネットで紹介しています。

URLは、http://shienjoho.go.jp/ です。

「厚生労働省 支援情報」でも検索できます。
一部の窓口では、相談員がすぐに対応できないケースも出ています。厚生労働省は「なかなか連絡がつかない場合もあきらめず、ほかの相談窓口も探してどうか悩みや気持ちを伝えてほしい」としています。

自殺防止の対策に取り組んでいる東京都のNPO法人「ライフリンク」も相談窓口を設けています。
電話番号は「0120(061)338」です。
当面は、休日も含め、正午から午後10時まで相談を受け付けています。