野党側 “安倍氏の国会招致が必要”「不起訴不当」議決受け

「桜を見る会」の前日夜に開かれた懇親会をめぐり、安倍前総理大臣が告発され不起訴になったことについて、東京の検察審査会が不起訴は不当だと議決したのを受け、野党側は、安倍氏の国会招致が必要だとして速やかに臨時国会を召集するよう強く求めていくことにしています。

「桜を見る会」の前日夜に開かれた懇親会をめぐり、安倍前総理大臣側が費用の一部を負担したのは有権者への違法な寄付で公職選挙法に違反する疑いがあるなどとして、安倍氏が告発され不起訴になったことについて、東京の検察審査会は「不起訴は不当だ」と議決し、検察の再捜査が行われることになりました。

安倍氏は30日「検察当局が厳正な捜査を行った結果、不起訴の判断が示されたと承知している。私としては今後、当局の対応を静かに見守りたい」と述べました。

これを受け、野党側は、安倍氏の証人喚問など国会招致を通じて疑惑を解明する必要があるとして、速やかに臨時国会を召集するよう強く求めていくことにしています。

一方、与党側は、安倍氏は、去年末に各党の質疑に応じるなど一定の説明責任は果たしているとして、当面は捜査の行方を見守るべきだとしています。