2025年の大学共通テスト 英語民間試験活用断念 「情報」を追加

2025年の「大学入学共通テスト」について文部科学省は、英語民間試験の活用と記述式問題の導入を断念するとともに、出題教科に新たに「情報」を加え7教科21科目に再編することを正式に決め、30日全国の大学などに通知しました。

文部科学省は、ことし1月に初めて実施された大学入学共通テストについて、新しい学習指導要領で学ぶ今の中学3年生が受験する2025年について、具体的な内容を正式に決定し、全国の大学などに通知しました。

この中では、当初、入試改革の柱としていた英語の民間試験の活用と、国語と数学での記述式問題の導入を断念したことや、現在の6教科30科目を7教科21科目に再編することが盛り込まれています。

具体的には、「国語」「数学」に並ぶ出題教科に、プログラミングなどを学ぶ「情報」が新設されるほか、「地理歴史」「公民」の2つの教科の科目も変わり、『歴史総合』や『地理総合』、『公共』などが含まれます。

一方で、数学と同じ時間に行われてきた『簿記・会計』と『情報関係基礎』はなくなりました。

文部科学省は、各大学などに対し、どの教科や科目を入試に活用するか、可能なかぎり早く検討して公表するよう求めています。