同居の子にわいせつ行為か 30代巡査を逮捕 懲戒免職 三重県警

三重県警察本部は、同居している18歳未満の子どもに対し保護者の立場を利用してわいせつな行為をしたとして30代の男の警察官を逮捕し、30日付けで懲戒免職の処分にしたと発表しました。

懲戒免職処分を受けたのは三重県内の警察署に勤務する30代の男の巡査です。

三重県警察本部によりますと、この巡査はことし県内にある自宅で、同居している18歳未満の子どもに対し保護者の立場を利用してわいせつな行為をしたとして逮捕されました。

三重県警は、被害者の特定につながるとして、被害者の性別や被害を受けた時期、それに巡査が逮捕された詳しい時期などを明らかにしていません。

警察の調べに対して、巡査は「申し訳ないことをしたと反省している」と供述し容疑を認めているということで、三重県警は巡査を30日付けで懲戒免職の処分にしたと発表しました。

三重県警の西堀浩一首席監察官は「警察官がこのような事案を引き起こしたことは誠に遺憾です。今後、職員の規律保持をいっそう徹底して、県民の皆様の信頼回復に努めます」とするコメントを出しました。