5歳保育園児死亡 送迎バスに取り残され脱水症状などか

29日午後、福岡県中間市にある保育園の駐車場で5歳の園児が登園の際に使われた送迎バスの中で倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。
警察はバスの車内で脱水症状などで死亡したとみて、状況を詳しく調べています。

29日午後5時すぎ、福岡県中間市にある「双葉保育園」の駐車場で、送迎バスの車内から保育園に通う5歳の男の子が倒れているのが見つかったと警察に通報がありました。

男の子は意識がなく、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、死亡したのは市内に住む倉掛冬生くん(5)で、脱水症状などによって死亡したとみられるということです。

29日、母親から「帰りの送迎バスから子どもが降りてこない」という問い合わせを受けて保育園の職員が探したところ、朝、登園の際に使われた別のバスの車内で冬生くんを見つけたということです。

冬生くんのそばには登園の際に持っていたバッグがあり、警察は、送迎バスの車内に朝から夕方まで長時間取り残された可能性もあるとみて、状況を詳しく調べています。

福岡管区気象台によりますと、中間市に隣接する北九州市の八幡西区では29日は最高気温が午前11時に33.1度まで上昇し、厳しい暑さとなっていました。