ノーベル物理学賞受賞 益川敏英さん死去 81歳

物質を構成する基本的な粒子のひとつ「クオーク」が6種類あることを最初に予想し、2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英さんが、今月23日、上顎がんのため亡くなりました。81歳でした。

益川さんは名古屋市出身で、京都大学の理学部の教授を務め、2003年に退官したあとは名古屋大学の特別教授や素粒子宇宙起源研究機構の機構長などを務めました。

益川さんは名古屋大学理学部の学生時代に、物質を構成する基本的な粒子「素粒子」の研究を始めました。

卒業後に京都大学の助手になり、1973年、同じ助手だった小林誠さんとともに、当時はまだ3種類しか発見されていなかった「素粒子」のひとつの「クオーク」が実際には6種類以上存在すると予想する「小林・益川理論」を提唱しました。

のちにその正しさが証明され、素粒子物理学の発展に大きく貢献したとして、小林さんや南部陽一郎さんとともに2008年にノーベル物理学賞を受賞しました。

益川さんは1985年に日本学士院賞とアメリカ物理学会のサクライ賞を受賞したほか、2001年に文化功労者に選ばれ、2008年には文化勲章を受章しています。

益川さん 戦争体験と平和への思い

益川敏英さんは、自身の戦争体験や科学者の役割を考え続けた恩師の教えを胸に、核兵器の廃絶の実現など平和への思いを訴え続けました。

益川さんは、太平洋戦争の末期、5歳だったときに名古屋市内で空襲に遭い、焼い弾が屋根を突き抜けて自宅に入ってくるという体験をし、たまたま不発弾だったために一命をとりとめました。

その後、進学した名古屋大学で、戦前から日本の物理学を引っ張ってきた当時の日本を代表する物理学者、坂田昌一教授と出会います。

益川さんの恩師となった坂田教授は、広島や長崎に投下された原爆という大量破壊兵器を物理学者が生み出した意味を考え続け、益川さんに対し「科学者は学問を愛する前に人類を愛さなければならない。戦争を目的にする研究には従わない」と語ったということです。

益川さんは恩師の思いを胸に、最先端の科学技術が戦争に使われる危険性があるという認識を強め、研究室に坂田教授の写真を飾り、科学者として戦争や核兵器に反対し続けてきました。

益川さんは、核兵器が使われる危険性について懸念を持ち続け、平和を守るために科学者として何ができるか問い続けていました。

2015年に行ったNHKのインタビューで「科学者といえども、どういう状況の中で自分たちが生きているか何らかの発言をすべきで、科学的な知識を持っている人間の責任だと思う。科学者に政府を止めるだけの力はないが、政府を作っている市民に影響を与えることはできる。科学者は今の科学技術がどうなっていて、どんな問題が起きているか、丁寧に訴えかけていく必要がある」と話していました。

また、益川さんは「僕は理論屋だから、体験しないとわからないという立場は取らない。体験しなくても語れることはあるはずで、理性的に次の世代に受け継いでいく必要があるんじゃないか」と話し、戦争体験を受け継ぐ必要性を強調していました。

益川さんは近年も、原爆が投下されてから70年の2015年には、長崎市で開かれた、世界の科学者が集まり核兵器廃絶に向けて議論する「パグウォッシュ会議」に参加したほか、2016年に施行された「安全保障関連法に反対する学者の会」にも加わっていました。

去年には、日本学術会議の会員人事をめぐって総理大臣が6人の会員を任命しなかったことについて「こんな乱暴なことをしたということは、歴史上長く糾弾されるだろう。戦争の反省の上に作られた日本学術会議に汚点を残すものだ」というコメントを出していました。

ノーベル賞共同受賞 小林誠さん「独特の理論持っていた」

益川さんが亡くなったことについて、益川さんとともに京都大学の助手を務めていた1973年に「小林・益川理論」を共に提唱し、ノーベル物理学賞を共同で受賞した高エネルギー加速器研究機構の小林誠特別栄誉教授は「益川さんとは大学時代からの付き合いで、私より5年ほど先輩でした。そこでは、たいへんいろいろなことを学びました。彼は独特の論理を持っており、彼と議論することがとても有益でした。最後にお会いしたのは数年前、日本学士院の定例の会合だったと思います。体調が悪いとは前から聞いていたので心配していましたが、とても残念でなりません」とコメントしています。

ノーベル物理学賞受賞 天野浩さん「雲の上の人」

名古屋大学の特別教授などを務めた益川さんが亡くなったことについて、2014年に青い光を放つLED 発光ダイオードの開発でノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学の天野浩さんは「本当に驚きました。自分にとっては雲の上の人で、残念としか言いようがありません」と話しました。

益川さんとの思い出については「雑談で私の話も聞いてくれて、私が『1500回失敗したんですよ』と言ったら、とても喜んでくれたことを覚えています。気さくに話をしてもらったことがかけがえのない財産です」と話しました。

また、みずからも同席した講演会を振り返り「恋愛に関して質問した生徒に先生が自分のお考えをストレートに話していたとき、研究者って、人間って、こうでないといけないと感じました」と述べたうえで「気持ちがフラットで上下関係が全く感じられない。『本音をかたる』というところを見習いたかった」と話しました。

そして「益川先生は絶対に戦争をしてはいけないという、強い気持ちを持っていました。われわれ若い人間も先生のお気持ちを引き継いでいかなければならないと思います」と話しました。

その業績については「益川先生と小林先生の論文をきっかけにして素粒子に興味を持ち、科学の世界に進もうという人が大勢出てきました。これからもっと大きな仕事をする人が出てくると思うので、その人たちに益川先生のバトンを渡すことが私たちの仕事だと思います」と話しました。

そのうえで同じ名古屋大学で研究したことについて「名古屋大学の先輩として本当にすばらしい足跡を残してくれて、研究者としてあるべき姿を示してもらいました。お気持ちや志を少しでも引き継ぎたい」と話しました。

ノーベル物理学賞受賞 梶田隆章さん「学ばせてもらった」

2015年に物質を構成する素粒子の1つのニュートリノが質量を持つことを示した研究で、同じくノーベル物理学賞を受賞した東京大学の梶田隆章教授は「大変、驚いています。一度、名古屋大学で対談し、対談と言いながらも、益川先生が子どものころや若いころのことを話すのを楽しみながら聞いていました。話が好きな人で、多くの若者が物理や科学に興味を持ってくれるだろうと思いました。それとともに、学術のあるべき姿について、しっかりした考えを持っていて私もいろいろと学ばせてもらいました。とても残念です」とコメントしています。

九条科学者の会 志田陽子さん「“巨星”だった」

益川さんは、自身の戦争体験などから2005年に発足した「九条科学者の会」の呼びかけ人となるなど平和を訴える活動に積極的に参加してきました。

「九条科学者の会」の共同代表で憲法学が専門の武蔵野美術大学の志田陽子教授は「益川さんは、戦時には学者が軍事に利用されるということの重大さから、学問の自由独立と科学者の良心、日本が選択した平和主義を守る必要性を常に鋭く意識しておられた。軍事研究が露骨に推奨され始めた2014年ごろからは意志を持って発言されていて、大きなスケールの社会的使命感を持った科学者という意味で『巨星』であったと思う。こうした方が失われ、空いた穴は大きい。意思を引き継いでいかないといけない」と話していました。