“来年の参院選に向け国民民主党との合流を” 立民 岡田元外相

立憲民主党の岡田 元外務大臣は、政権交代の実現には野党勢力のさらなる結集が必要だとして、衆議院選挙を終えたあと、来年夏の参議院選挙に向けて、国民民主党との合流を目指すべきだという考えを示しました。

立憲民主党の岡田 元外務大臣は、地元の三重県川越町で記者団に対し、国民民主党と分かれて臨む次の衆議院選挙について「完全に1つになれなかったのは本当に悔いが残っている。ただ両党で大きな政策の違いはないと思っているので、衆議院選挙後にまた一緒にやれる日がくればいい」と述べました。

そして「野党が一体にならないと政権交代は難しい。来年の参議院選挙ももう目前で、またバラバラというわけにはいかない。両党の執行部は、大局観を持って正しい判断をしてもらいたい」と述べ、衆議院選挙を終えたあと、来年夏の参議院選挙に向けて、国民民主党との合流を目指すべきだという考えを示しました。