オリンピック サッカー男子日本代表 初の予選リーグ“全勝”

サッカー男子の日本代表は予選リーグ第3戦でフランスに4対0で勝ち、予選リーグ3戦全勝で準々決勝進出を決めました。
オリンピックのサッカー男子で日本が全勝で予選リーグを突破したのは11回目の出場で今回が初めてです。

サッカー男子で日本が初めてオリンピックに出場したのは1936年のベルリン大会です。当時は予選リーグはなく、16か国が参加してすべてトーナメントで行われました。1回戦で日本は「北欧の巨人」と呼ばれたスウェーデンに3対2で勝ち、「ベルリンの奇跡」とたたえられました。

2回目に出場したのが戦後、1956年のメルボルン大会です。学生中心で編成した日本は1回戦で地元のオーストラリアに0対2で敗れました。

その後のオリンピックでトーナメントの前に予選リーグが設けられ、1964年の東京大会で日本は3回目の出場を果たしました。

このときは川淵三郎さんなどの活躍で予選リーグを1勝1敗で突破し、ベスト8に進出しました。

続く1968年のメキシコ大会は予選リーグを1勝2引き分けでベストエイトに進出しました。その後、3位決定戦に進んだ日本は地元のメキシコと対戦し、釜本邦茂さんと杉山隆一さんの名コンビの活躍で2対0で勝ち、初のメダルとなる銅メダルを獲得しました。

5回目の出場はメキシコ大会から28年後、1996年のアトランタ大会でした。すべてJリーグの選手で臨んだ日本は予選リーグの初戦で優勝候補のブラジルを相手に劇的な勝利をあげ、「マイアミの奇跡」と呼ばれました。予選リーグは2勝1敗でしたが、得失点差で準々決勝進出を逃しました。

続く2000年のシドニー大会は2勝1敗で予選リーグを通過し、準々決勝でアメリカと対戦しました。試合はペナルティーキック戦になりましたが、4人目の中田英寿さんが外して惜しくもベストフォー入りを逃しました。
2004年のアテネ大会は1勝2敗で予選リーグ敗退、2008年の北京大会は3戦全敗と苦しい時代が続きましたが、2012年のロンドン大会は優勝候補のスペインに勝つなど2勝1引き分けで3大会ぶりに予選リーグを通過しました。

この大会は3位決定戦で韓国に敗れ、44年ぶりの銅メダル獲得はなりませんでした。

そして、前回、2016年のリオデジャネイロ大会は1勝1敗1引き分けに終わり、予選リーグで敗退しています。

3戦全勝でグループAを首位で通過しました日本。準々決勝は今月31日、ニュージーランドと対戦します。