埼玉 神奈川 千葉 3県協議で合意得られれば緊急事態宣言要請へ

埼玉、神奈川、千葉の3県は、緊急事態宣言について、29日に知事が参加する会議を開いて協議し、合意が得られれば政府に要請することにしています。

新型コロナウイルスの感染者の発表は28日、神奈川県で1051人、埼玉県で870人、千葉県で577人と、いずれも過去最多となりました。

このうち埼玉県では、28日夜に開かれた県の専門家会議で、3県で連携して政府に緊急事態宣言を出すよう要請する方針について意見を求め、了承されたということです。

会議のあとの会見で大野知事は、「特定の地域を対象にした戦術的な対応では限界がある。全県を対象に厳しい措置をお願いし、感染の急激な拡大を抑える段階になってきた」と述べ、緊急事態宣言の政府への要請に向けて3県で最終調整に入っていることを明らかにしました。

そのうえで、「神奈川、千葉と3県で協力して呼びかけることで、若い層を含めて効果を高めたい」と述べました。

緊急事態宣言をめぐっては、千葉県も要請することを決めているほか、神奈川県の黒岩知事も3県で要請することになるという見通しを示していて、29日に3県の知事が参加する会議を開いて対応を協議し、合意が得られれば政府に要請することにしています。