柔道 金メダルの新井千鶴 心の不安拭い去った ある助言

柔道女子70キロ級で新井千鶴選手がこの階級で日本勢、2大会連続の金メダルを獲得。海外勢の徹底マークを受けて苦しんだスランプを、精神的なたくましさを身につけて乗り越え、頂点に立ちました。

リオ「金」の田知本さん引退後 この階級の第一人者に

新井選手の女子70キロ級では、前回、リオデジャネイロ大会で田知本遙選手が金メダルを獲得しました。

田知本選手の引退後、この階級の日本の第一人者になったのが新井選手でした。
海外勢にも勝るパワーと、長い手足を生かした内股、大外刈りを持ち味に2017年から世界選手権を2連覇しました。

しかし、その後は海外勢の徹底マークに合います。
左手で相手の襟、右手で袖を持つ「左組み」で、しっかりと組む日本伝統の柔道を展開する新井選手に対し、海外選手は徹底して、袖を持たせてくれなくなりました。

思うように技がかからなくなり、おととしの世界選手権でメダルを逃すなど不振が続いたのです。
新井選手も組み手のパターンを増やすなど対策を取りましたが、結果に結び付きませんでした。

新井選手は「解決策もわからず、精神がぐちゃぐちゃ。自分のメンタルがおかしくなりかけた」と明かすほど、深刻な状況に陥りました。

長い手足を生かして距離を取って技をかけるのが新井選手の間合い。

しかし、自分十分の間合いや組み手ではなくても勇気を持って技を出していく戦略を取らなければ、勝つことはできないと自覚しました。

心の不安拭い去る大きなきっかけとなった助言とは

ことし5月の国際大会で徐々に成果も出始めた新井選手は心の不安を拭い去る大きなきっかけを得ました。

オリンピック金メダリストからの助言です。

去年の冬、所属先の柔道部の監督に就任した上野雅恵さん。

アテネ大会・北京大会とオリンピック2連覇を果たしています。

上野監督から「オリンピックの舞台では、どのように戦って自分が勝つのか、その思いを明確に持って戦えば結果はついてくる。最終的には心理面がいちばん大事。考えすぎず、シンプルに」と伝えられました。

新井選手は「結局は気持ち。こうやって勝ちたいという軸をぶらさずに貫き通す」とこれまで積み重ねてきたものを信じて戦う覚悟を決めました。
日本武道館の畳にあがった新井選手。
やはり海外勢がなかなか袖を持たせてくれない中、「1つの勝ちを求めて集中した」と1戦、1戦をものにしていきました。

そうした「気持ち」が最も凝縮して出たのが準決勝、ロシアオリンピック委員会の選手との対戦は延長にもつれました。
相手が新井選手に袖を持たせず、背負い投げで攻めてくる展開。

新井選手も足技や寝技に持ち込んで攻めますが、粘る相手を決めきれません。
それでも気持ちで上回っていたのは新井選手でした。
「自分が1番になるという思いで1年、1年、積み上げてきたので、そういう自分に悔いだけは残したくない気持ちで戦いました」。

3度も映像による判定が行われた試合は、最後は絞め技で一本を奪いました。
今大会、ここまで最長となる16分を超える激闘でした。
決勝は、技ありを奪って4分で決着。
こぶしを握りしめ、笑顔があふれました。
日本柔道が受け継ぐ確かな技術に精神的なたくましさも身につけ、みずからの努力と成長で引き寄せたオリンピックの金メダルでした。

表彰式後の新井選手…。
「たくさんの人に支えられてここまで来たなと思う。金メダルが取れて本当にうれしいのとほっとした気持ちと、いろいろな感情が急にあふれてきました」。

今度は涙があふれ出ていました。