スカイマーク 財務基盤改善へ 40億円の資本支援で最終調整

新型コロナウイルスの影響で厳しい経営が続く航空会社の「スカイマーク」は、財務基盤を改善するため、株主の投資ファンドやANAホールディングスなどから40億円程度の資本支援を受ける方向で、最終的な調整に入りました。

関係者によりますと、「スカイマーク」は、新型コロナウイルスの影響から昨年度=2020年度の決算が163億円の最終赤字に陥ったことを受けて、財務基盤を改善するため、40億円程度の資本支援を受ける方向で最終調整に入りました。

具体的には、筆頭株主の投資ファンドや、同じく株主のANAホールディングスなどを引き受け先として増資を行うとともに、政府系金融機関の日本政策投資銀行から資本と見なせる融資の「劣後ローン」を受けるとしていて、近く正式に決定する見通しです。

国内の航空会社の間では、厳しい経営環境が続く中、ANAや日本航空がすでに公募増資を実施するなど財務基盤の強化を図る動きが広がっています。