オリンピック サッカー男子 フランスに4-0勝利 準々決勝進出

東京オリンピック、サッカー男子の予選リーグ第3戦で日本はフランスに4対0で勝ち、予選リーグ3戦全勝で準々決勝に進みました。

ここまで予選リーグ2連勝の日本は前の試合から先発メンバーを3人入れ替え、第3戦に臨みました。

試合は前半27分、今大会初先発の上田綺世選手の強烈なシュートをゴールキーパーがはじいたところにゴール前に詰めた久保建英選手がゴール右隅に蹴り込んで先制しました。
これで久保選手は3試合連続ゴールとなりました。

さらに前半34分には再び上田選手のシュートのこぼれ球をディフェンダーの酒井宏樹選手が押し込んで追加点をあげました。

迎えた後半25分にはゴール前で細かくつなぎ、最後は途中出場の三好康児選手がゴール左隅に狙い澄ましたシュートを決めてリードを3点に広げました。

このあと退場で1人少なくなったフランスに対し、日本は攻撃の手を緩めず、後半のアディショナルタイムには途中出場の前田大然選手のゴールで突き放し、4対0で快勝しました。

「狙い通りの展開」で1位通過

予選リーグ2連勝として28日の試合前、グループ首位に立っていた日本。フランス戦には勝つか引き分け、もしくは1点差の負けでも自力での予選リーグ突破が決まるという優位な状況で臨みました。

一方、フランスからすると自力での突破を決めるには日本に2点差以上で勝つ必要があることから、2試合で4点をマークしているオーバーエイジ枠のエース、ジニャク選手を中心に積極的に攻撃を仕掛けてくることが予想されました。
試合のポイントについて遠藤航選手は立ち上がりに失点しないことが大切になるとしたうえで「守りに入りすぎずに自分たちも点を取りに行く姿勢を見せる。1点を取れれば相手も落ちると思うし、さらに優位に試合を進められる」と話していました。そして日本は狙い通りに前半に先制。その後も追加点を奪い自分たちに有利な状況を作りだしました。

また、日本は初戦の南アフリカ戦、2戦目のメキシコ戦とも勝ったとはいえ、いずれも1点差での接戦となり吉田選手や遠藤選手、板倉選手のほか、2試合連続でゴールを挙げた久保建英選手など、主力の7人がいずれもフル出場しました。
準々決勝、準決勝とこの先も中2日での試合が続くことから第2戦のメキシコ戦では出番がなかった三好康児選手は「中2日で3試合出るのはとてもタフなことだと思う。ここでこそチーム全員の力、総合力が問われる試合になる」と話していました。

28日はその三好選手が後半から途中出場してダメ押しとなる3点目を奪うなど森保監督は5人の交代枠をすべて使いました。先制点を奪い、さらに次の試合に向けて体力温存を図るという狙い通りの展開で日本は準々決勝進出を決めました。

3試合連続ゴール久保「連携の中でたまたま自分が決めている」

3試合連続ゴールについて久保建英選手は「試合前の準備とチームメートとの連携の中でたまたま自分が決めていると思う。予選リーグを勝ち点9で終われてうれしい。ここから一発勝負で何が起こるか分からないのでしっかり1試合1試合勝ちたい」と話していました。

キャプテン吉田「目標はもっと高いところにある」

日本のキャプテンを務める吉田麻也選手は「気を緩めず、先制点を取られないよう意識して試合に入り、逆に日本が先制点を取ったことで相手の戦意を失わせることができたんじゃないかと思う」と勝因を語りました。

決勝トーナメントに向けては「予選突破は大事だが目標はもっと高いところにある。引き続き、アグレッシブに泥臭く戦って、いい形で試合を進めていきたい」と意気込みを語りました。

森保監督「選手たちは積極的にトライしてくれた」

準々決勝進出を決めた日本の森保一監督は「絶対に勝ちが欲しいフランスに対し、選手たちは落ち着いて準備していたし、『これまでやってきたことをしっかりやろう』と送り出しました。勝利をつかみとろうと選手たちが積極的にトライしてくれた」と振り返りました。

そのうえで、予選リーグを3戦全勝で突破したことについて「3連勝したことが決勝トーナメントの結果を約束してくれるものではない。いいところはしっかり伸ばし、改善しなければいけないところは改善して決勝トーナメントに臨みたい」と気を引き締めていました。

準々決勝の組み合わせは…

東京オリンピックのサッカー男子は予選リーグの最終戦が行われ、各グループの上位2チームの合わせて8チームが準々決勝に進みました。準々決勝の4試合は今月31日に行われます。

▼スペイン/グループC1位 対 コートジボワール/グループD2位
 午後5時~ 宮城県利府町 宮城スタジアム
▼日本/グループA1位 対 ニュージーランド/グループB2位
 午後6時~ 茨城県鹿嶋市 カシマスタジアム
▼ブラジル/グループD1位 対 エジプト/グループC2位
 午後7時~ さいたま市 埼玉スタジアム
▼韓国/グループB1位 対 メキシコ/グループA2位
 午後8時~ 横浜市 横浜国際総合競技場

準決勝は来月3日に行われ、日本が勝ち上がればスペイン対コートジボワールの勝者と対戦します。

《試合詳細》

▽午後8時半
フランスのキックオフで試合が始まりました。

▽前半8分
日本はフリーキックのこぼれ球を旗手選手がミドルシュート。ゴールキーパーが腕ではじいてゴールはなりませんでした。
▽前半15分が経過
試合は0対0。ボール支配率は日本が58%、フランスが42%です。日本がやや優位に試合を進めています。

▽前半20分
中山選手からのパスを受けた上田選手がシュートを打ちましたが、ディフェンダーに阻まれました。

▽前半22分
冨安選手にイエローカードが出されました。

▽前半27分
日本が先制しました。上田選手がシュートしてゴールキーパーがはじいたこぼれ球を久保選手が左足で決めました。久保選手、3試合連続ゴールです。

▽前半34分
日本が追加点。2対0で日本リードです。久保選手のスルーパスに反応した上田選手がシュート。ゴールキーパーがはじいたボールを最後は酒井選手が押し込みました。
▽前半44分
酒井選手にイエローカードが出されました。

▽前半45分が経過
アディショナルタイムは2分です。

▽前半が終了
久保選手と酒井選手のゴールで日本が2対0とリードしています。シュート数は日本6本、フランス3本です。
▽後半開始
午後9時33分、後半が始まりました。日本は久保建英選手に代わって、三好康児選手が途中出場です。

▽後半7分
旗手選手がペナルティーエリアの外からシュートを打ちますがゴール左に外れました。試合は2対0で日本がリードしています。

▽後半10分
日本は酒井宏樹選手に代わって橋岡大樹選手が途中出場しました。

▽後半11分
右サイドの橋岡選手からのクロスボールに旗手選手がフリーでヘディングシュートしましたがゴール左に外れました。

▽後半20分
フランスはジニャク選手が強烈なフリーキックで直接、ゴールを狙いましたがゴールキーパーの谷選手が好セーブ。試合は2対0で日本がリードしています。
▽後半25分
日本が3点目。ゴール前で細かくつないで最後は三好選手が左足でゴール左隅に決めました。
▽後半27分
日本は堂安律選手に代わって相馬勇紀選手、遠藤航選手に代わって板倉滉選手が途中出場しました。

▽後半28分
フランスのコロ ムアニ選手が危険なプレーでレッドカードを受けて退場。フランスは1人少なくなりました。

▽後半35分
日本は田中碧選手に代わって前田大然選手が途中出場しました。

▽後半45分経過
アディショナルタイムは2分です。

▽後半アディショナルタイム
日本は前田選手がゴールを決めました。

▽試合終了
4-0で日本、フランスに勝利!

先発メンバー

▽日本
【GK】
谷晃生
【DF】
酒井宏樹/中山雄太/吉田麻也(キャプテン)/旗手怜央/冨安健洋
【MF】
遠藤航/久保建英/堂安律/田中碧
【FW】
上田綺世
▽フランス
【GK】
ポール・ベルナルドニ
【DF】
ピエール・カルル/ティモテ・ペムベレ/クレマン・ミシュラン/アントニー・カッシー
【MF】
ルカ・トゥザー/テジ・サバニエ/アレクシ・ベカ ベカ
【FW】
アンドレ ピエール・ジニャク(キャプテン)/フロリアン・トーバン/ランダル・コロ ムアニ