愛媛新聞社「社説類似は新聞倫理に違反」社長ら処分

愛媛新聞社は、ことし掲載した社説が「共同通信の社説と類似している」と指摘を受けたことについて、28日付けの紙面で一部が「新聞倫理に反する」とする結論をまとめたことを公表し、社長らを減給とする処分などを発表しました。

愛媛新聞は、ことし4月と5月に掲載した社説について「共同通信の社説に類似している」などの指摘を受け調査を行い、28日付けの紙面で、その結果を公表しました。

愛媛新聞社は、これまで「著作権侵害にはあたらない」としていますが、今回公表した調査結果は、5月8日付けの社説について「共同通信の論説資料と論点や論理展開が明らかに似通っている」などとして「新聞倫理に違反する」と結論づけたということです。

そのうえで、社長の月額報酬を1か月100%減額するなどの処分とともに、社説を書いた論説委員長を今後、異動させることを明らかにしました。

愛媛新聞社は、紙面で「読者や関係者の皆さまにご心配ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」としたうえで、社説執筆時のガイドラインを策定するなど再発防止に努めるとしています。