大相撲 高砂部屋 親方や朝乃山ら7人がコロナ感染確認

大相撲の高砂部屋で師匠の高砂親方や朝乃山など合わせて7人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

これは日本相撲協会が発表しました。

それによりますと、26日、高砂部屋に所属する幕下以下の力士1人が発熱などの症状を訴えたため、医療機関でPCR検査を受けたところ、新型コロナウイルスへの感染が確認されたということです。

このため、部屋の力士などが27日PCR検査を受けた結果、高砂親方と朝乃山、それに幕下以下の力士の6人の感染が分かり、合わせて7人になったということです。

相撲協会の芝田山広報部長は、今月の名古屋場所後の外出が許可された期間に感染した可能性があると説明したうえで、現時点で感染経路については分からないとしています。

芝田山広報部長は「感染した力士の隔離措置をするとともに協会員にも注意喚起していきたい」と話しています。

相撲協会では今後、保健所の指示に基づいて濃厚接触者の調査などに対応していくということです。