立民 本多平直衆院議員が離党届を提出

性行為への同意を判断できるとみなす年齢をめぐる発言で、立憲民主党が処分を検討している本多平直・衆議院議員が27日、離党届を提出しました。

立憲民主党の本多議員は、刑法で定める性行為への同意を判断できるとみなす年齢の引き上げを議論していた党の会合で「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになるのはおかしい」と発言したと報じられ、党内外から批判が相次ぎました。

こうした中、立憲民主党の福山幹事長は、27日午前の役員会のあと記者団に対し、27日朝、本多議員から離党届が提出されたことを明らかにしました。

党幹部は本多氏の離党届の提出理由について「『党内外、性犯罪の被害者の方々に多大な迷惑をかけた』という趣旨の話だった。離党届は役員会で了承され、正式にはこのあとの常任幹事会で了承されることになる」と述べました。

本多氏の発言をめぐって、立憲民主党は党全体への信頼を傷つけたとして、党員資格停止1年とすることを党の倫理委員会に諮るなど、処分を検討していました。