【気象予報士が解説】台風8号 東北の太平洋側 大雨に警戒を

【動画2分57秒】

台風8号は関東の東の海上を北寄りに進み、28日の午前中に東北に接近し、上陸する見込みです。

台風の中心付近だけでなく、北側の離れた場所でも大雨になるおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、それに暴風や高波に警戒が必要です。

暗い間に状況が悪化するおそれがあり、崖や山の斜面、川の近くなど危険な場所からは離れ、安全な場所で過ごすようにしてください。

(この動画はデータ放送ではご覧になれません)