台風8号接近 【交通への影響】山形新幹線で運転見合わせ

台風8号の影響で、山形新幹線は27日夕方以降、東京と山形を出発する列車から運転を見合わせています。

一方、東北地方を走る一部の在来線について、JR東日本は27日夜の時間帯を中心に運転を見合わせる予定にしていましたが、台風の接近が遅れているとして27日夜については運行を続けることになりました。

山形新幹線

JR東日本によりますと、山形新幹線の「つばさ」は、27日午後5時台に東京と山形をそれぞれ出発する列車から最終までの合わせて8本について、すべての区間または一部の区間で運転を見合わせています。

28日は始発から運行する予定としていますが、状況によって遅れが見込まれるということです。

在来線

一方、JR東日本は、東北地方の在来線について、一部の区間で27日夜の時間帯を中心に運転を見合わせる予定にしていましたが、台風の接近が遅れているとして、27日夜については運転を続けることになりました。

27日、運転を継続したり再開したりする東北地方の在来線は、
▽奥羽本線、
▽東北本線、
▽常磐線、
▽仙山線、
▽磐越東線
▽米坂線、
▽水郡線です。

東京オリンピックに伴って28日未明に運行される予定だった東北本線と仙山線の臨時列車はいずれも運転を見合わせるということです。

28日の見込み

JRによりますと、28日については
▽東北本線、
▽仙石東北ライン、
▽常磐線、
▽仙山線、
▽仙石線、
▽石巻線、
▽気仙沼線、
▽陸羽東線で昼ごろまで運転を見合わせる区間があるということです。

JR東日本は、今後も状況によって運行状況が変わる可能性があるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。

空の便 仙台空港発着 計10便欠航

台風8号の影響で、仙台空港を発着する空の便は27日、福岡、広島、新千歳などを結ぶアイベックスエアラインズとピーチ・アビエーションの合わせて10便が欠航となりました。

航空各社は、28日以降も欠航が出る可能性があるとして、最新の情報を確認するよう呼びかけています。