オリンピック 台風8号で一部競技の日程変更(26日午前11時)

日本に接近する台風8号の影響で、東京オリンピックは、26日午前11時の時点で、2つの競技の日程変更が決まるなど影響が出ています。

大会組織委員会は26日の記者会見で「すべての関係者の安全を最優先に、できるだけ早く判断し情報提供する」と述べ、安全対策を徹底する考えを示しました。

アーチェリー

東京 江東区の夢の島公園アーチェリー場で行われているアーチェリーは、27日の競技時間を一部変更したり、延期したりすることが決まっています。
延期となった競技は翌日以降に行われるということです。

ボート

東京 江東区の海の森水上競技場で行われているボート競技も、予定を前倒しにしたり延期するなどの対応がとられています。

組織委「他競技は今のところ予定どおり できるだけ早く判断」

組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは「台風はあす関東と東北に接近し、上陸する可能性が高く、すでにボートとアーチェリーが日程変更された」と述べました。

そのうえで「ほかの競技については今のところ予定どおり行うことになっているが、最新の気象情報をもとに関係機関と対応を協議している。すべての関係者の安全を最優先に、できるだけ早く判断し情報提供する」と述べ、安全対策を徹底する考えを示しました。

東京オリンピック 台風や災害時の判断は

東京オリンピックでは、気象の影響による競技日程の変更は各会場の判断で行うことが基本とされていて、今回の台風8号では今のところ各会場ごとに判断が委ねられています。

ただ、1日の競技すべてが実施できなくなるなど、大会運営全体に影響する災害などの対応は、大会のメインオペレーションセンターで統一的に判断するということです。

また、台風の対応については、進路や接近状況、公共交通への影響など、状況の進展に応じて段階的に対応するとしています。

仮に閉会式前に競技を再設定することができず中止となる場合は、IOC=国際オリンピック委員会の理事会で最終的に判断することになっています。