台風8号 あす東北や関東甲信に接近 上陸のおそれ 大雨に警戒

台風8号は日本の東の海上を北西に進んでいて、あす27日には東北や関東甲信に接近し、上陸するおそれがあります。

台風の中心や北側で雨量が増える可能性があり、あさって28日にかけて大雨となるおそれがあります。

土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒し強風や高波に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、台風8号は26日午後3時には日本の東の海上を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいます。

中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありませんが、中心の東側600キロ以内と西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は今後も北西へ進み、27日には東北から関東甲信に接近し、上陸するおそれがあります。

今回は台風の中心や北側の地域で雨が強まる見込みで、雷を伴って激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

27日昼までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽東北の太平洋側で150ミリ、▽関東甲信で100ミリ、▽東北の日本海側で60ミリと予想されています。

その後、28日昼までの24時間に降る雨の量は▽東北の太平洋側と関東甲信、北陸と新潟県で100ミリから150ミリ、▽東北の日本海側で50ミリから100ミリと予想され、28日の夜にかけて雨量はさらに増えるおそれがあります。

海上を中心に風も強まり、東北と関東甲信で27日にかけて予想される▽最大風速は20メートル、▽最大瞬間風速は30メートルで、海上は大しけとなる見込みです。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに強風や高波に十分注意し、最新の情報を確認するよう呼びかけています。

気象庁「特に東北地方 大雨への警戒を」

気象庁は台風8号の見通しや、警戒すべき点について説明しました。

「台風の中心から少し離れた場所でも雨が強まる見込みで、特に東北地方では、長く雨が降り続くおそれがあり警戒を続けてほしい」と呼びかけています。

気象庁によりますと、台風8号は、日本の東を北西に進んだあと、27日には東北や関東甲信に接近し、上陸する見込みだということです。

また、詳しい記録が残る1951年以降、宮城県や福島県、茨城県が、台風の上陸地点になったことはないということです。

今回の台風で、まず警戒が必要なのは大雨で、台風の北側から暖かく湿った空気が流れ込み続けるため、台風の周辺や北側にあたる東北地方では、雨量が増えるおそれがあるということです。

台風の接近に伴って、太平洋の沿岸を中心に風や波の影響も出る見込みで、27日、東北と関東甲信では非常に強い風が吹き、うねりを伴った大しけとなる見込みです。

気象庁予報課の竹村正弘天気相談所長は「東北の太平洋側に上陸した5年前の台風10号などに比べると、そこまで勢力は強くないが、中心から離れても水蒸気が流れ込むため、特に東北地方では、長く雨が降り続くおそれがある。最新の情報を確認し大雨への警戒を続けてほしい」と話しています。

降り続く雨に警戒 その理由は

今回の台風8号について気象庁は、台風の中心付近やその北側で雨量が増えるおそれがあるとしていて特に東北地方を中心に雨が降り続き警戒が必要だとしています。

その背景にあるのは、台風が本州を通過して日本海に出たあとも温帯低気圧のまま停滞を続けることです。

気象庁によりますと台風が多く発生する8月から9月は偏西風が本州付近の上空で強く吹き始めるため台風や低気圧が流されやすいものの、7月下旬は上空を流れる風が弱く停滞しやすいためだということです。

さらに気象庁は、現在日本海の海水温が高いことから温帯低気圧になっても勢力が衰えず、低気圧に向かって湿った空気が流れ込み続けるおそれがあるとしています。

このため気象庁は、台風が通過したあとも東北地方を中心に湿った空気が流れ込み続けて雨が降り続き、洪水や土砂災害などの危険性も高まることから、総雨量や土砂災害の危険度、川の水位などの情報や自治体からの避難情報に注意し安全な場所にとどまるなどの対応をして欲しいと呼びかけています。

「NHKニュース・防災アプリ」

台風や災害に関する情報は「NHKニュース・防災アプリ」でもお伝えしています。

このアプリでは、雨雲の状況や台風の今後の予想進路をチェックできます。

土砂災害や洪水のハザードマップも掲載していますので、お住まいの地域でどのような災害のリスクがあるかあらかじめ確認できます。

このほか、今いる場所や登録地域に応じて警報や避難情報を掲載し、緊急の情報はプッシュ通知で速やかにお伝えします。

このアプリを使えばテレビが見られない環境でもNHKや公的機関からの情報をチェックできます。

このアプリは無料でダウンロードできます。

アプリストアで「NHKニュース・防災」と検索してください。

QRコードからもアクセスできます。