高校野球 香川代表は高松商業 2大会連続21回目の夏の甲子園

夏の甲子園出場を懸けた高校野球香川大会の決勝が25日、高松市で行われ、高松商業が英明に6対5で逆転勝ちし、中止となった去年の大会を挟んで、2大会連続21回目の甲子園出場を決めました。

香川大会の決勝は、第1シードの英明と第3シードの高松商業との対戦となり、おととしの夏の大会の決勝と同じカードとなりました。

試合は、英明が2回に2点を先制し、4回にも2点を追加して4対0とリードしましたが、高松商業も5回に1点を返し、6回に2本のタイムリーヒットなどで3点を挙げて4対4の同点に追いつきます。

高松商業は7回に2番・浅野翔吾選手がソロホームランを打って勝ち越し、その後も1点を追加して、英明の反撃をかわし、6対5で競り勝ち、中止となった去年の大会を挟んで2大会連続21回目の甲子園出場を決めました。

高松商業のキャプテン、山崎悠矢選手は「観客が入って応援してくれる中で試合ができ、優勝できてうれしい。反省点はいっぱいあるので、課題を克服して、香川代表としてみんなの気持ちを背負って甲子園を戦いたい」と話していました。