五輪開会式 アメリカ国内の視聴者数 前回より大幅減少

東京オリンピックの開会式をアメリカで中継したNBCテレビは、視聴した人の数がおよそ1700万人だったと発表し、前回から大幅に減少しました。

NBCテレビは24日、東京オリンピックの開会式について、アメリカ国内で視聴した人の数は、テレビ以外のアプリなどを含めておよそ1700万人だったと発表しました。

この人数についてロイター通信は前回、5年前にブラジルで開かれたリオデジャネイロ大会の2650万人より37%少なく、前々回のロンドン大会の半数以下で、大幅に減ったと報じています。

現地メディアは、この背景として、時差の関係でアメリカでの放送が朝になったことに加えて、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が指摘されていることなどから、これまでと比べて熱狂的な雰囲気が薄れた可能性があると伝えています。