IOCと組織委“必要な暑さ対策行っている” 引き続き検討も

厳しい暑さの中で競技が行われている東京オリンピックで、選手から暑さ対策として試合時間の変更を求める声などがあがっていることを受けて、IOC=国際オリンピック委員会と大会組織委員会は、必要な暑さ対策を行っているとしたうえで、暑さ対策について引き続き国際競技団体と検討していくとしています。

東京オリンピックは競技が始まった今月21日以降、連日厳しい暑さが続いていて、テニス男子で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手から、試合時間を夕方以降にずらすよう求める声があがるなど、複数のトップ選手から暑さに対する懸念が出ています。

これについて、25日記者会見したIOCのキット・マコーネル競技部長は「競技日程は暑さを含め、さまざまな要素を考慮して組まれていて、すべての試合で暑い時間を避けることはできなかったが、試合の途中で休憩を挟むなど、暑さ対策はしっかり行っている」と説明しました。

また、組織委員会の小谷実可子スポーツディレクターは「十分な氷や水を用意したり、気象情報を提供したりして、万全な暑さ対策をとっている」と述べ、必要な暑さ対策を行っていることを強調しました。

そのうえで、IOCと組織委員会は、暑さ対策について引き続き国際競技団体と検討していくとしています。

新競技開始 IOC「五輪の革新的な進化となる」

IOCは、幅広い世代にオリンピックを楽しんでもらうため、東京大会から5つの競技を取り入れていて、このうちサーフィンとスケートボードが25日から始まりました。

これについてIOCのマコーネル競技部長は、記者会見で「より若い世代を引きつける競技がきょうから始まる。彼らの文化とコミュニティをこの大会で祝福したい」と述べました。

臨海部の複数の会場で行われるスケートボードやスポーツクライミングなどの新競技は、観客と競技エリアが近く、音楽が鳴り響く中で行われ、観戦チケットがなくても、周辺で開催されるイベントに参加したり選手のウォームアップを見学できたりするなど、現地で楽しむことができる計画でした。

しかし、これらの会場はすべて無観客で開催されることになり、これについてマコーネル競技部長は「多くの人たちと会場でつながることはできないが、今はこの舞台で選手たちが競技を行い、世界に発信することが大切なことだ」と述べました。

そのうえで「この大会はオリンピックの革新的な進化となる」と述べて、新競技がオリンピックの新たな価値につながるという期待感を示しました。