台風8号 あす東北や東日本に接近 上陸のおそれも

大型の台風8号は日本の東の海上を北寄りに進んでいて、27日には東北や東日本に接近し、上陸するおそれがあります。台風の中心や北側で雨量が増える可能性があり、28日にかけて大雨となるおそれがあります。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に十分注意が必要です。

気象庁によりますと、大型の台風8号は、26日午前0時には日本の東の海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいます。

中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありませんが、中心の南東側700キロ以内と北西側390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は今後発達しながら、27日には東北から東日本に接近し、上陸するおそれがあります。

今回は台風の中心や北側にあたる地域で雨量が増えるおそれがあります。

26日夕方から27日夕方までの24時間に降る雨量は、いずれも多いところで
▽東北の太平洋側で100ミリから200ミリ
▽関東甲信と東北の日本海側で100ミリから150ミリ
▽北陸では50ミリから100ミリと予想されています。

その後も28日にかけて雨量は増える見通しです。

海上を中心に風も強まり、東北と関東甲信で27日予想される最大風速は20メートルから24メートル、最大瞬間風速は25メートルから35メートルで、海上は大しけとなる見込みです。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水のほか、暴風や高波に十分注意し、最新の情報を確認するよう呼びかけています。

「寒冷渦」で進路も複雑に

日本に近づく台風は偏西風の流れに乗り西から東へと移動することが多くなっていますが、今回の台風8号はこれまで北上を続けたものの、これから西よりに進路を変え、本州に近づく予想となっています。

このような進路をとる理由について、気象庁は北側に高気圧が張り出していることに加え、上空に寒気を伴った空気の渦「寒冷渦」があることを挙げています。

寒冷渦は偏西風が蛇行したあとに切り離された空気の渦で、上空1万メートル付近にあり寒気を伴っているのが特徴です。

気象庁によりますと、今回「寒冷渦」は台風のすぐ西側に位置し、反時計回りの風が吹いていることから、台風を引き寄せるような影響を及ぼす可能性もあるとしています。

こうした「寒冷渦」が台風の進路を左右することはあまり多くなく、進路の予報は難しいということです。

台風の雲は現在西半分が少なくなっていますが、これも寒冷渦が乾燥した空気を引き込んでいるためだということです。

「寒冷渦」で迷走 被害も

「寒冷渦」の影響を受けて日本に上陸した台風は過去にもあり、2016年8月の台風10号は日本の南の海上で発生したあと「寒冷渦」の影響を受けて複雑な進路をとり、最終的には岩手県の太平洋側に上陸し、大雨によって大きな被害が出ました。

今回の台風8号と5年前の台風10号とは台風の強さは異なるものの、進路の複雑さは似ている点もあるとして、気象庁は最新の予報を確認してほしいとしています。