オリンピック 柔道女子 渡名喜が決勝進出 銀メダル以上確定

東京オリンピック、柔道女子48キロ級で渡名喜風南選手が決勝に進み銀メダル以上が確定しました。今大会、日本にとって最初のメダルになります。

高校時代の指導者も喜びの声

柔道女子48キロ級で渡名喜風南選手が決勝に進み、今大会、日本にとって最初のメダルが確定したことについて、高校時代の渡名喜選手を指導した女性からは喜びの声が聞かれました。

渡名喜選手を高校時代に指導した宮田佳世さんが指導者を務める川崎市の柔道場では、宮田さんの指導を受ける子どもらが大型のスクリーンで準決勝を観戦しました。
集まった人たちは、手作りのうちわを振ったり、床をたたいたりしながら応援し、準決勝に勝利して銀メダル以上が確定すると、大きな拍手で喜んでいました。

宮田さんは「うれしいです。最後なので思い切り試合をして、1番いい色のメダルを取ってほしい」と話していました。