オリンピック 柔道 高藤直寿 準決勝進出 男子60キロ級

東京オリンピック柔道男子60キロ級、前回のリオデジャネイロ大会で銅メダルを獲得した高藤直寿選手が、準決勝に進みました。

高藤選手は初戦の2回戦でベルギーの選手と対戦し、序盤から積極的に攻めてペースをつかみ、開始3分半すぎに内股を決めて一本勝ちしました。

準々決勝ではジョージアの選手と対戦し、延長戦にもつれましたが、延長3分半すぎに、指導3つによる相手の反則負けで勝ち、準決勝に進みました。

準決勝では、前回大会で銀メダルを獲得した、カザフスタンのイェルドス・スメトフ選手と対戦します。