オリンピック開会式 MISIAさん 虹色衣装で登場 LGBT当事者は

23日夜行われた東京オリンピックの開会式で、国歌斉唱をした歌手のMISIAさんが性の多様性を象徴するレインボーカラーのドレスで登場したことに、当事者からは驚きと喜びの声が上がっていました。

当事者団体によりますと、東京大会ではLGBTQなどの性的マイノリティーと公表して出場する選手が160人余りと過去最多になっていて、オリンピックでは初めてトランスジェンダ-の選手が出場する予定です。

東京大会の公認プログラムにもなっている性的マイノリティーの当事者のための交流拠点「プライドハウス東京レガシー」では、23日夜、当事者たちが開会式の様子を見守りました。

式の中で歌手のMISIAさんが性の多様性を象徴するレインボーカラーのドレスで登場し、国歌を斉唱すると驚きと喜びの声を上げ、SNSで発信していました。

関係者によりますと、この衣装はゲイであることを公表しているデザイナーが手がけたということです。

開会式を見ていた当事者たちは、その後も性的マイノリティーであることを公表している選手が入場すると、テレビに向かって手を振っていました。

開会式を見たひとり、松中権さんは「直前までいろんなことがあり複雑な気持ちで開会式を迎えたが、あの衣装を見て希望を感じました。まだまだ性的マイノリティーへの差別が残る日本が、この大会でどう変わっていくのか岐路に立たされていると思います。大会を契機に理解が進み、考えが変わる人が増えてほしいです」と話していました。