“感染対策優先すべき” 東京オリンピック 中止求めるデモ

東京オリンピックの開会式にあわせて、都内では23日、複数の市民団体などが大会の中止を求めるデモを行い、「感染対策を優先すべきだ」などと訴えました。

このうち、東京・渋谷区で行われた市民団体が主催するデモにはおよそ400人が集まりました。

参加者たちは、開会式が始まる1時間ほど前にJR原宿駅前に集まり、国立競技場周辺までの1.5キロを行進しました。

「五輪より命」とか「五輪中止まだ間に合います」などと書かれた横断幕や看板を掲げながらシュプレヒコールをあげ、大会の中止を訴えていました。

初めてデモに参加したという35歳の女性は「オリンピックはもともと楽しみにしていましたが、今はもっと優先すべきことがあるはずで、開催することには疑問を感じます。開会式当日ということでその思いが強くなり、デモに参加しました」と話していました。
一方、国立競技場の近くでは、開会式の雰囲気を味わいたいと訪れた大勢の人たちに混じって別の団体によるデモも行われ、参加者と警察官がもみ合いになるなど現場は一時、騒然となりました。

警視庁によりますと、国立競技場近くのデモの参加者のうち、1人が警察官の手首をつかんだとして公務執行妨害の疑いで逮捕されたということです。