オリンピック開会式 2024年開催 パリでパブリックビューイング

2024年のオリンピックが開かれるフランスでは、各地にパブリック・ビューイングの会場が設けられ、多くの人たちが東京大会の開会式を見守りました。

このうちパリの観光名所、エッフェル塔近くの広場に設けられた会場には、大型のモニターが設置されたほか、柔道やバスケットボール、それに野球などオリンピックの競技を子どもたちが体験できるスペースが設けられました。

開会式が行われた23日には、家族連れなど多くの人たちがその様子を見守りました。

そして、入場行進で、フランスの選手団が登場すると、大きな拍手とともに歓声があがっていました。

訪れた女子学生は「感動しました。選手たちが活躍する姿を見るのが楽しみです」と興奮した様子で話していました。

また、子どもたちと訪れた女性は「フランスの選手団の行進を見て誇りに思いました。選手たちにとって良い大会となることを願っています」と話していました。

会場を訪れたマラシネアヌ・スポーツ担当相は「開催を危ぶむ声もあったので、選手たちは安心していますし、大きな喜びです。日本が大会の開催を実現してくれたことに感謝しています」と話していました。