オリンピック開会式の公式プログラム出版中止 小林氏解任受け

東京オリンピックの開会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎氏が過去にユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして解任されたことを受けて、出版社の「KADOKAWA」は24日発売する予定だった開会式の公式プログラムの出版を取りやめると発表しました。

「KADOKAWA」によりますと、出版の中止が決まったのは「東京2020オリンピック開会式公式プログラム」で、開会式のショーディレクターを務めていた小林賢太郎氏のインタビューが掲載されていたということです。

24日に店頭などで発売する予定でしたが、22日に小林氏が過去にユダヤ人の大量虐殺をやゆするセリフを使用していたとして解任されたことを受け、判断したということです。

書店側に対しては出版の中止を伝え、すでに届いている場合には店頭に並べないよう連絡するとともに、インターネットを通じた電子書籍の販売も取りやめています。

KADOKAWAは今回の出版中止について、コメントは控えたいとしています。

一方、来月25日に出版する予定の東京パラリンピックの開会式の公式プログラムについての扱いは、今後検討するということです。