熱中症疑いで搬送 1歳女児死亡“車内に放置した疑い”母親逮捕

22日、千葉県八千代市で1歳の女の子が熱中症の疑いで搬送されたあと死亡し、警察は女の子を車の中に放置したとして25歳の母親を逮捕しました。警察の調べに対し黙秘しているということです。

22日、八千代市大和田新田にあるマンションの駐車場にとめてあった軽自動車の中で、このマンションに住む大越三櫻音さん(1)がぐったりしているのを母親が見つけて消防に通報しました。

三櫻音さんは熱中症の疑いがあるとして病院に運ばれましたが、死亡しました。

警察が調べたところ、午前10時すぎからおよそ30分にわたって車内に放置されていた疑いがあることがわかり、警察は母親の悠莉奈容疑者(25)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対し黙秘しているということです。

警察によりますと、悠莉奈容疑者は3歳の長女と三櫻音さんとの3人暮らしで、逮捕前「3人で車で自宅に帰り長女を先に部屋に連れていった。戻ってきたらぐったりしていた。エアコンはつけていた」などと話していたということで、詳しいいきさつを調べています。