各地で猛暑日 23日も猛烈な暑さ予想 熱中症に警戒を

22日も全国的に気温が上がり、各地で35度以上の猛暑日になりました。
23日も西日本などで猛烈な暑さが予想されていて、熱中症に警戒が必要です。外出はなるべく避け、こまめな水分補給や冷房を適切に使用するなどの対策をしてください。

気象庁によりますと、日本付近は22日も全国的に晴れ、日中の最高気温は、
▽群馬県桐生市や京都市などで36.3度
▽兵庫県丹波市で36.1度
▽埼玉県熊谷市や岐阜県美濃市などで36度
▽大阪 枚方市などで35.7度を観測し、各地で猛暑日になりました。

また、
▽東京 練馬区で34.9度
▽島根県川本町で34.8度
▽山形県米沢市で34.3度
▽北海道旭川市で34.1度などと、全国的に厳しい暑さとなりました。

23日も西日本を中心に気温は上がり、日中の最高気温は
▽兵庫県豊岡市と京都市で36度
▽大阪市、山口市、鳥取市、広島県庄原市などで35度と、猛暑日になる見込みです。

また、
▽北海道北見市と長野市で34度
▽東京の都心で33度などと予想されています。

外出はなるべく避け、こまめに水分を補給するほか、屋内では適切に冷房を使用し、屋外では人との距離が十分ある時はマスクを外して休憩するなど、熱中症に警戒してください。

一方、23日にかけ、東日本や北日本では大気の状態が不安定になり、特に関東地方北部や甲信地方では雷を伴って局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

23日午後6時までの24時間に降る雨の量は、関東地方北部と甲信地方のいずれも多いところで80ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害のほか、低い土地の浸水や河川の増水にも警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風、それに「ひょう」に注意するよう呼びかけています。

急に冷たい風が強く吹くなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。

都内 熱中症の疑いで64人搬送

東京消防庁によりますと、都内では22日午後9時までに熱中症の疑いで6歳から93歳までの男女合わせて64人が病院に搬送されました。

このうち重症が4人、中等症が18人、軽症が42人となっています。

東京消防庁は冷房の適切な利用やこまめな水分補給などの対策をとるよう呼びかけています。