児童文学作家 那須正幹さん死去 79歳「ズッコケ三人組」など

「ズッコケ三人組」シリーズや、みずからの被爆体験を踏まえた作品などで知られる児童文学作家の那須正幹さんが亡くなりました。79歳でした。

1942年に広島市で生まれた那須さんは、3歳のときに爆心地から3キロほどのところにあった自宅で被爆しました。

東京でサラリーマン生活を経験したあと広島に戻って児童文学を書き始め、1972年に「首なし地ぞうの宝」でデビューしました。

その6年後に小学6年のハチベエ、ハカセ、モーちゃんを主人公とした「それいけズッコケ三人組」を発表すると大きな人気を集め、2004年に50巻で完結させるまで26年にわたってこのシリーズを書き続けました。

その後もシリーズの人気は衰えず、読者の要望を受けて主人公たちが大人になってからの作品も発表するなど長く愛されました。
那須さんはみずからの被爆体験を踏まえて戦争や原爆をテーマにした作品も多く手がけ、2011年には戦後の広島を力強く生きる人々を描いた「ヒロシマ」3部作を発表しています。

また講演会で積極的に被爆体験を語るとともに核兵器の廃絶を訴えるなど、子どもたちに平和な社会を残すための活動を続けてきました。

日本児童文学者協会によりますと、那須さんは今月16日、肺炎のため自宅のある山口県防府市内の病院に入院し、その後、容体が悪化して22日午後2時ごろ、肺気腫のため亡くなったということです。

79歳でした。