天皇陛下 バッハ会長らIOC幹部からの表敬訪問を受けられる

23日の東京オリンピックの開催を前に、天皇陛下は皇居・宮殿でバッハ会長らIOC=国際オリンピック委員会の幹部からの表敬訪問を受けられました。

バッハ会長らIOCの幹部およそ20人は、22日午後2時半前、皇居・宮殿の「南車寄」に到着しました。
天皇陛下は、宮殿の「春秋の間」で、1人ひとりとあいさつを交わし、「この大会が、感染防止対策に万全が期されることにより、アスリートの皆さんが健康な状態で安心して競技に打ち込み、その姿を通じて、新しい未来へと希望の灯火がつながれる大会となることを願います」と英語でおことばを述べられました。
これに対して、バッハ会長は「世界に向けて強力なメッセージ、平和、連帯感、耐性力と希望のメッセージを発信することができると確信しています」とあいさつし、天皇陛下は、時折、うなずきながら聞かれていました。

これまで国内で開かれたオリンピックでは、IOCの関係者らを招いた茶会や夕食会が開かれていましたが、今回は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、時間を短くし飲食を伴わない形になりました。

天皇陛下は、23日も東京オリンピックの開会式への出席に合わせて、来日している各国の首脳らと皇居・宮殿で面会されることになっています。