大谷選手の球宴ユニフォーム 1400万円で落札

大リーグのことしのオールスターゲームのユニフォームなどがチャリティーオークションにかけられ、エンジェルスの大谷翔平選手のサインが入ったユニフォームがおよそ1400万円の高値で落札されました。

大谷選手は今月13日に行われた大リーグのオールスターゲームに史上初めて投打の二刀流で出場して大きな話題となり、勝ち投手になりました。

大リーグ機構は、ことしのオールスターゲームのユニフォームやボールなどのグッズをチャリティーオークションにかけ、大谷選手のサイン入りユニフォームが21日、13万210ドル、日本円でおよそ1400万円の高値で落札されました。

ユニフォームはオールスターゲームで大谷選手が着用したものと同じ紺色のデザインで、背番号「17」の部分に直筆のサインが入っていますが、実際に使用されたものではありません。

大谷選手の次に高値をつけたユニフォームは、MVP=最優秀選手を獲得したブルージェイズのゲレーロJr.選手のおよそ90万円で、パドレスのタティースJr.選手はおよそ70万円となっていて、大谷選手のユニフォームが段違いの高値で落札されました。

このほか、プレーボール直後にナショナルズのシャーザー投手が投げて大谷選手がファウルを打った第1球のボールは、およそ250万円で落札され、大谷選手の関連グッズへの人気の高さを示す結果となりました。