大リーグ レッズ 秋山 メッツ戦 代打でレフトフライ

大リーグ、レッズの秋山翔吾選手は21日のメッツ戦に代打で出場し、センターフライに終わりました。

秋山選手は本拠地、シンシナティで行われたメッツ戦で6回1アウト、ランナーなしの場面でピッチャーの代打で出場し、初球を打って、レフトフライでした。

秋山選手は、そのまま退き、この試合1打数ノーヒットで、打率は1割9分6厘となりました。

試合は、レッズがヒット1本に抑えられ、0対7で完封負けを喫しました。