各地で35度以上の猛暑日予想 熱中症に警戒を

22日も全国的に気温が上がり、各地で午前中から30度以上の厳しい暑さになっています。午後も全国的にさらに気温が上がる見込みで、熱中症に警戒が必要です。外出はなるべく避け、こまめな水分補給や冷房を適切に使用するなど対策をして下さい。

気象庁によりますと、日本付近は22日も高気圧に覆われ、全国的に晴れて日ざしが強く気温がぐんぐん上昇しています。

午前11時半までの最高気温は
▽福井県小浜市で35.4度の猛暑日となっているほか、
▽群馬県桐生市と岐阜県多治見市で34.4度、
▽兵庫県朝来市生野と鳥取市で34.1度、
▽福井市と埼玉県鳩山町で33.9度などと、全国の広い範囲で厳しい暑さとなっています。

午後も全国的にさらに気温が上がり、日中の最高気温は
▽大阪市や甲府市、埼玉県熊谷市で36度、
▽山口市や鳥取市、長野県松本市や前橋市で35度など、各地で猛暑日が予想されています。

また、東京の都心のほか福岡市や山形市、北海道旭川市などで34度と広い範囲で厳しい暑さが続く見込みです。

外出はなるべく避け、こまめに水分を補給するほか、屋内では適切に冷房を使用し、屋外では人との距離が十分あるときにはマスクを外して休憩するなど、熱中症に警戒して下さい。

23日にかけては大気の状態が不安定になり、東日本を中心に雨雲が発達して、関東地方北部や甲信地方では、雷を伴って局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

関東地方北部と甲信地方で、23日正午までの24時間に予想される雨の量は、いずれも80ミリとなっています。

発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけて下さい。

外出はなるべく避け、こまめに水分を補給するほか、屋内では適切に冷房を使用し、屋外では人との距離が十分ある時にはマスクを外して休憩するなど、熱中症に警戒してください。

気温が上がる午後からは大気の状態が不安定になり、東日本や北日本を中心に雨雲が発達して、局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

晴れていても天気が急変するおそれがあり、急に冷たい風が強く吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物に移動するなど安全の確保を心がけてください。