台風6号 あす先島諸島接近へ 沖縄地方 暴風や高波など厳重警戒

大型で強い台風6号は沖縄の南を発達しながら西よりに進み、23日にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込みです。沖縄地方は暴風や高波、低い土地の浸水や高潮に厳重に警戒してください。

気象庁によりますと、大型で強い台風6号は22日午前7時には宮古島の南南東170キロの海上にあってゆっくりとした速さで南西へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いているとみられます。

▼宮古島市平良では午前1時11分に28.2メートル、▼宮古空港で午前3時54分に25.2メートルの最大瞬間風速を観測しました。

台風はさらに発達しながらゆっくりと西よりに進み、23日にかけて非常に強い勢力となって先島諸島にかなり接近する見込みです。

23日にかけて予想される最大風速は▽沖縄地方で45メートル、▽鹿児島県の奄美地方で15メートル、最大瞬間風速は▽沖縄地方で60メートル、▽奄美地方で25メートルとなっています。

24日の最大風速は▽沖縄地方30メートルから40メートル、▽奄美地方で15メートルから19メートル、最大瞬間風速は▽沖縄地方で40メートルから60メートル、▽奄美地方で20メートルから30メートルと予想されています。

沖縄地方の海上はうねりを伴って波が高く23日にかけて11メートルの猛烈なしけになる見込みです。

台風の接近に伴って沖縄地方と奄美地方では大気の状態が不安定になり、局地的に非常に激しい雨や猛烈な雨が降るおそれがあります。

23日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで▽沖縄地方150ミリ、▽奄美地方で100ミリ、さらに24日朝までの24時間には▽沖縄地方で300ミリから400ミリ、▽奄美地方で100ミリから150ミリと予想されています。

その後、25日の朝までの24時間には沖縄地方で100ミリから200ミリの雨量になると予想されています。

気象庁は沖縄地方では暴風や高波に低い土地の浸水や高潮などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

また、台風の動きが遅いため先島諸島では暴風や猛烈なしけとなる時間が長く、雨量が増えて大雨となるおそれがあります。

先島諸島では猛烈な風で一部の家屋が倒壊するおそれがあるとして風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに屋内でも窓から離れるなどの対策を呼びかけています。