歩道橋事故から20年 遺族や市民が犠牲者を追悼 兵庫 明石

兵庫県明石市の歩道橋で花火大会の見物客11人が死亡した事故から21日で20年になり、遺族や市民が現場で犠牲者を追悼しました。

兵庫県明石市の歩道橋では20年前の平成13年7月21日、花火大会の見物客が、混雑のなか折り重なって倒れ、幼い子どもを含む11人が死亡し、およそ250人がけがをしました。

現場の歩道橋では発生時刻の21日夜8時半ごろ、遺族や市民、明石市の泉房穂市長などが慰霊碑に手を合わせて犠牲者を悼みました。

その後、市民の有志によるグループが、この事故で亡くなった人のために作られた「さよならの花火」という追悼の歌を合唱しました。

花火大会を主催した明石市では事故後に採用された職員がすでに半数を上回っているということで、研修などを通して事故の教訓を継承し、再発防止の取り組みに力を入れています。

当時、9歳の娘と7歳の息子を事故で亡くした明石市の有馬正春さん(62)は「ここに来ると当時のことが鮮明に思い出されてつらいです。心のなかにあるのは連れてきたことに対するおわび、ごめんねという謝罪です。2人には頑張って前を向いて生きていきたいと伝えました」と話していました。

当時生後1か月の男性 助けてくれた後に亡くなった女性への思い

この事故の現場で命を救われた赤ちゃんがいました。

赤ちゃんを助けた70代の女性はこの事故で亡くなり、ことし20歳になった男性は感謝の思いを伝えるため、母親とともに現場を訪れました。

神戸市の建築業、山下翔馬さん(20)は、生後1か月だった平成13年7月21日、母親の佳奈さんに連れられて、花火大会に向かっていたところ事故に巻き込まれました。

歩道橋の上は多くの人で密集していて、乗っていたベビーカーは佳奈さんの手から離れてしまいました。

翔馬さんはたまたまそばにいた草替律子さん(当時71)に抱え上げられて人から人に手渡しされて、助かりました。

病院に搬送されましたが、大きなけがはなく次の日に、佳奈さんと再会しました。

しかし、命の恩人の草替さんは翔馬さんを助けた後、亡くなりました。

翔馬さんと佳奈さんは21日、現場の慰霊碑で手を合わせ、健康に20歳を迎えた報告と感謝の気持ちを伝えました。

翔馬さんは「草替さんのおかげで生きているので、来年も再来年も花を手向けに来たいです。子ども思いの優しい大人になりたいです」と話していました。

母親の山下佳奈さんは、「草替さんに助けてもらったことを胸に刻み感謝を伝えるために毎年この場所に来ています。事故のことはすごく怖くて思い出したくないですが、忘れてはいけないし、同じ事故を起こしてはいけないと思います」と話していました。